高齢者や障害者が住みよい社会になるようなトータルコーディネート。少子高齢化を迎える日本ではますます必要とされるでしょう。
福祉住環境コーディネーター
資格取得、キャリアアップTOP > 福祉住環境コーディネーター

掲載資格一覧
MOS

スポンサードリンク



福祉住環境コーディネーター

資格内容 高齢者や障害者に対して住みやすい住環境を提案するアドバイザー。医療・福祉・建築について体系的で幅広い知識を身につけ、各種の専門職と連携をとりながらクライアントに適切な住宅改修プランを提示。また福祉用具や諸施策情報などについてもアドバイスもします。

福祉住環境コーディネーターの主な仕事
・介護保険制度下での住宅改修に係わるケアマネジャーとの連携
・福祉施策、福祉・保険サービスなどの情報提供
・福祉用具、介護用品から家具までの選択と利用法のアドバイス
・バリアフリー住宅への新築、建て替え、リフォームにおけるコーディネート
資格区分 公的資格
受験資格 1級の受験資格は、2級資格保有者
2級、3級は受験制限はなし。
合格率
受験者数 実受験者数 合格者数 合格率(%)
第18回 3級 15,282 13,626 5,559 40.8
2級 19,149 16,750 2,265 13.5
第19回 3級 13,820 12,372 5,160 41.7
2級 22,508 19,993 4,775 23.9
1級 1,280 1,120 66 5.9
第20回 3級 11,519 10,385 4,787 46.1
2級 16,705 14,793 7,209 48.7
資格取得後 福祉分野では、
老人ホーム、在宅介護支援サービス、福祉機器メーカー、住宅ケアサービス会社、・訪問介護ステーション、介護療養型医療施設など。

建築関係では、
建築設計事務所、工務店、住宅メーカー、リフォーム会社など。
問い合わせ 東京商工会議所 検定センター
資格内容が福祉部門だけでなく、建築部門も含まれている事から、福祉関連の人だけではなく、建築関連の人も取得しておきたい資格。

これから少子高齢化は逃れられない日本では、ニーズはますます高まって行くでしょう。


気になったら、まずは資料請求!


福祉住環境コーディネーター講座一覧

講座名 学校/通信 備考 資料請求
福祉住環境コーディネーター通信講座 通信 9800円からの低料金。無料サンプル教材もあります。