ハローワークから受給できる教育訓練給付金を利用して、お得に資格をGETしよう!認定講座も多数あり、資格を目指す方は是非利用してください。
教育訓練給付金を利用しよう
資格取得、キャリアアップTOP > 教育訓練給付金を利用しよう

掲載資格一覧
MOS

スポンサードリンク



教育訓練給付金とは?

教育訓練給付金とは、厚生労働大臣が指定した講座を受講すると、受講料の2割(10万円上限)が講座終了後に受給される雇用保険の給付制度です。

資格や技術を身に付けたいと思っている人を支援する制度で、簿記、社会保険労務士、介護福祉士など、さまざまな講座が指定されています。給付金を受けるのには一定の条件が必要ですが、受給の権利のある人で資格取得を目指す方は、是非とも利用したい制度です。







教育訓練給付金の受給条件

教育訓練給付金の受給条件は若干ややこしいのですが、要約すると以下の通りになります。

初めて教育訓練給付金を利用する場合

1)雇用保険を1年以上納めている人
2)仕事を辞めて1年以内で、辞める前に雇用保険を1年以上納めている人

※雇用保険は全ての労働者が加入する義務がありますので、1年以上断続勤務している人であれば受給資格があると思って大丈夫だと思います。派遣やアルバイトでも、ほとんど加入していると思います。給料明細で雇用保険を天引きされていれば、雇用保険を納めている事になります。その期間が1年以上あれば教育訓練給付金を受給できます。


教育訓練給付金を過去に受けたことがある人

1)過去の受給後、雇用保険を3年以上断続して納めている人(一つの職場に3年以上断続勤務)
2)過去の受給後、雇用保険を合計3年以上納めている人(複数の職場で、合計3年以上勤務。ただし、無職の期間が1年以内)
3)仕事を辞めて1年以内で、辞める前に上記の1、2の条件を満たしている人


支給額の条件

支給額は講座代金の20%(上限10万円)とされていますが、4000円を超えない場合は教育訓練給付金は支給されません。


教育訓練給付金の支給申請手続き

教育訓練給付金の支給申請手続は、教育訓練を受講修了後、管轄するハローワークにの書類を提出することによって行います。

提出書類

1)教育訓練給付金支給申請書(教育訓練施設が用紙を配布します。)
2)教育訓練修了証明書(指定教育訓練実施者が、その施設の修了認定基準に基づいて、受講者の教育訓練修了を認定した場合に発行します。)
3)領収書
4)本人・住所確認書類(具体的には、運転免許証、住民票の写し、雇用保険受給資格者証、国民健康保険被保険者証、印鑑証明書のいずれかです(コピー不可)。)
5)雇用保険被保険者証(雇用保険受給資格者証でも可能です。コピーでも可能です。)
6)教育訓練給付対象期間延長通知書(適用対象期間の延長をしていた場合に必要です。)
7)返還金明細書


申請期間

教育訓練の受講修了日の翌日から起算して1ヵ月以内に支給申請手続を行って下さい。